Skip to main content

クレジットカード現金化を利用する時に審査はあるのか

クレジットカード現金化を利用する場合、免許証や健康保険証などの個人確認書類を提出する必要があります。とはいえクレジットカードや消費者金融の申し込みとは異なり、収入などの審査が行われた結果サービスが受けられない、ということはほとんど生じません。この違いがクレジットカード現金化の利用者増加につながっていると思います。

消費者金融の申し込みをする際にはこれまでの借り入れと返済に関する履歴の確認と審査が行われ、問題があると判断された場合には貸し付けを受けることができません。またクレジットカードのキャッシング枠を利用する場合にも、これまでの返済に不備があったとみなされるケースでは利用枠の上限まで借りることができなくなります。

一方クレジットカード現金化における手続きでは、個人確認書類の用途は氏名と生年月日およびクレジットカードの名義と一致しているかの確認に限られており、現在の収入状況やこれまでの返済履歴などに関する審査が実施されることはありません。あくまでショッピング枠の利用なので、申し込み時点で無職であってもこのサービスを利用することは可能なのです。ただし注意していないと簡単に借金の額が膨らむという危険もはらんでいることを覚えておきましょう。