Skip to main content

クレジットカード現金化業者の逮捕事例

クレジットカード現金化のシステムそのものは、キャッシュバック方式を取っている限り、違法性には問われないでしょう。しかし過去の事例を見てみると、クレジットカード現金化業者の逮捕はありました。ただしこれはクレジットカード現金化そのものというよりも、逮捕された業者の営業内容に問題がありました。

クレジットカード現金化のシステムは、利用者のクレジットカードのショッピング枠で買い物をしてもらいます。そしてその商品を買取することで成立します。ところが逮捕された業者は、クレジットカードを受け取って、自分たちで手続きをしていたのが問題でした。そして2回目以降サービス利用する場合には、商品の送付なども行われなくなりました。決済をしてしまって、手数料で利益を上げるシステムだったのです。確かにこれなら手間がかからないですし、効率的ですが法律との兼ね合いで問題が出てきました。貸金業を免許なしで行っていると判断されてしまったのです。

この場合、あくまでもクレジットカード現金化そのものではなく、業者のやり方に問題がありました。しかもこの場合、業者は逮捕されていますが、このクレジットカード現金化を利用している人に捜査のメスが入ることはなかったです。心配には及ばないと感じるのではないでしょうか。