Skip to main content

クレジットカード現金化業者はどうしてバレにくいのか

基本的に、自分でクレジットカード現金化をするよりも業者を通したほうが、クレジットカード会社には現金化をしているとバレにくい特徴があります。それは現金化の際に使用する商品が異なるからということもありますが、業者自体がカード会社にとって目を付けられないようになっているためです。それはなぜかというと、その業者とカード決済をする会社が異なるためです。

現金化業者が、あきらかに現金化目的とわかる商品の決済をしていれば、それはすぐにクレジットカード会社にチェックされてしまいます。しかし、それとは別にある程度のリスクがあっても専門的に行う会社が行うことで、クレジットカード現金化業者はカード会社の目をあざむけます。

それだと決済代行会社は大きなリスクを抱えることになりますが、クレジットカード決済を代行することによって得られる手数料が目的です。また最初からその目的のために作った会社であれば、営業停止になってもすぐに別な会社を立ち上げやすい特徴もあります。このような仕組みがあるため、クレジットカード現金化業者自体は決済をせず、独自のノウハウで得た目を付けられない商品で現金化を商売にできています。

クレジットカード会社にとって面倒な問題ですが、実際に現金化で助かっている人も多くいるわけです。