Skip to main content

プランの選択も大事なポイント

クレジットカード現金化においては業者選びとともに業者が用意しているプランの選択も大事なポイントとなってきます。現金化サービスを行っている業者の多くは複数のプランを用意しており、その中から自分に合っていると思えるものを選んでいくことになるのです。

 

もっとも多く見られるのは換金率が高いプランと送金までの時間が短いプランです。基本的な内容に関してはどの業者でも共通しており、送金までの時間がややかかるプランでは換金率が高く、スピーディーに送金してくれる場合には換金率がやや低くなります。できるだけ多くの現金をお得に調達したいか、それともできるだけ早くお金を確保したいかで選択が異なってくるわけです。

 

注意したいのはこのプランごとの内容の違いと、業者が宣伝のために掲げているセールスポイントとの間にギャップが生じていないかどうかです。たとえば「即日現金化が可能!換金率は95パーセント以上!」といった宣伝を掲げている業者の場合、用意されているプランのよいところだけをピックアップしたうえでこうした内容にしていることがほとんどです。つまり即日現金化を目指すなら高い換金率は期待できず、換金率の高さを重視するなら即日の現金化ができないといった具合です。

 

この点を踏まえずにサービス内容の中途半端な理解で申し込んでしまうと「話が違うじゃないか」といったことになりますし、問い合わせをしても「説明をよくごらんになりませんでしたね」と切り返されて終わってしまいます。プランごとのメリット、デメリットを把握し、実際に送金までのスピードと換金率をよく把握したうえで最終的に判断するよう心がけましょう。

初心者よりもリピーターが騙される理由

安心して利用することができるか、それともすぐに現金化してくれることができるか。クレジットカード現金化サービスを利用する際にはこの点が重要なポイントとなります。そして初心者であればあるほど安全性を重視する一方、サービスの利用を繰り返せば繰り返すほどスピードや利便性を重視する傾向が強まります。そのため皮肉なことにサービスのように慣れている人ほど悪質な業者に引っかかってしまうリスクが高くなるのです。

 

ですから、現金化を利用する際には必ずスピードをとるか、換金率や安全性をとるかの優先順位をしっかりと決めておきましょう。サービスを利用していけばいくほど欲が出てきて「換金率が高くてすぐに送金してくれる業者がいい」と思うようになります。その結果安全性を軽視して悪質な業者に引っかかってしまうことが多いのです。

 

ここで注意したいのはクレジットカードの情報を必要以上に業者に提供しないことです。業者の中には「早く現金化する上で必要だから」とクレジットカードの番号や有効期限などを訊いてくるケースも見られます。早く現金化したい、資金調達に焦っているといった事情を抱えているとついついそうした言葉に乗せられて本来教える必要がない情報までも提供してしまうことが多いのです。その結果身に覚えのない不正請求や後日になって勧誘などの面倒な事態に晒されてしまう恐れがあります。初心者を脱したと自覚できた段階になったからこそ、こうした点に十分に注意しましょう。

名実ともに全国対応が完成しているサービス

なぜ全国対応が可能なのか?
現金化サービス業者のホームページを見ているとある共通点に気づきます。それは業者の所在地が東京に集中していることです。試しにネットで現金化業者を検索してみて、それぞれの会社情報を見てみてください。おそらくほとんどが東京のしかも23区内に集中しているはずです。だからといってやはり東京にいないと現金化サービスを受けるのも難しいのかと早合点してはいけません。なぜなら現金化サービスは原則として全国対応のサービスだからです。
全国対応ということは、日本全国どこにいても全く同じ品質のサービスを受けることができるというわけですが、まさにその通りなのです。実は東京在住の人であっても、現金化の際に業者の事務所に行くことは実に稀で、ネット上の手続きだけで全てが完了するようになっています。インターネットという通信手段が確立したことで、東京に集中している現金化サービスを日本全国どこでも受けることができるというわけです。
いくら全国対応といっても、ネット上で完結するサービスなのであればインターネットの利用環境がなければ無理なのでは?という疑問を持つ方も多いでしょう。確かにインターネット環境があるほうが全ての手続きを早く済ませることができるので良いのですが、実は現金化サービスはネットがなくても利用可能です。ネット環境がなければ電話でも完結できるので、さすがに電話もないというところは日本全国を探してもないので、これでようやく名実ともに全国対応という言葉が現実になり、クレジットカードを使ってできる現金化の方法まとめ~5つのやり方と注意点~で利用できるようになります。
ネット上でカード情報を入力するのではなく、電話口でカード情報を現金化業者に伝えることができれば、それだけで現金化はすぐにできます。振込みについてもゆうちょ銀行に対応しているので、ゆうちょ銀行であれば離島や過疎地であっても必ずあるので、すぐに現金を受け取ることができるのです。
最近では全国対応であることが当たり前になっているので、いちいち全国対応と書いていない現金化業者もありますが、原則として現金化はどこも全国対応と考えて問題ありません。

現金化では商品は重要でない?

クレジットカード現金化をすれば、その後商品が送られてきます。
クレジットカード現金化の口コミなどをみれば、その商品には価値などないようなものが送られてくる、といったことが書かれています。
これは、現金化の方法がどれなのかによって多少なりとも違いがあるということもありますが、たしかに何十万円という価値のあるものではないでしょう。

クレジットカード現金化の方法が、商品を受け取った時点で完結するという方法であれば、その中身さえ確認しないという方もいらっしゃるかもしれません。
すぐに返送しなければならない現金化の方法であっても、あまり商品の中身を見ることもないのかもしれません。
この部分に業者が無駄なコストをかけるよりも、少しでも多く換金して欲しいというのが利用者側の本音といえるかもしれません。

どのような方法でも商品についてはあまり重要視されないのかといえば、そんなことはありません。
例えば自力で現金化をする方式をとったとします。
これは、クレジットカードを使って金券などを購入し、それを換金するという方法です。
これなら、金券や商品券という換金性の高い商品を自分で選ぶ必要があります。
何でもよいから購入すればよいというわけではありません。
業者によっては、ブランド品のみ買い取ることで現金化するところもありますので、こういった場合なら商品もかなり重要な要素を占めてくるということになります。

ただし、金券などをクレジットカードで大量に購入すると、クレジットカード会社が不審に思うこともあるかもしれません。
一度ぐらいなら、クレジットカード会社も流してくれるかもしれませんが、何度も近県などを大量に購入しているということになるとカードの利用停止となってしまう恐れもあります。
その点、業者を利用すれば通常のショッピングと同じですから、その心配もなくなるということになります。
自分で現金化するよりも、実は業者を利用したほうが安全というのはここに理由があるのです。

リピーターはサービス面を重視して業者を選ぶ?!

安心して利用できる業者を利用するのがクレジットカード現金化の鉄則ですが、2度目、3度目とサービスを利用するようになると換金率の高さとどれだけ早く現金化してくれるかといったサービス面を重視して業者を選ぶようになります。そうなると初心者の頃よりもかえって悪質な業者に引っかかりやすくなる面が出てくるので注意が必要です。

 

一方で、安心して申し込める業者ばかりを選んでいたのでは、いつまで経ってもお得な換金率で現金化することができませんし、選択肢が狭いままなのでクレジットカードの現金化のメリットを最大限に活用することが難しくなります。何度もサービスを利用すれば、複数の業者を同時に利用するといった高度な活用方法も選択肢に入ってくるだけに、手軽に信頼できる業者を見極めるコツみたいなものも覚えておきたいところです。

 

その際のポイントとなるのが業者の営業実績です。簡単に言えば長く経営を続けている老舗の業者の方が安心して利用できるということになります。一般的に、この手の業者は創業してまだそれほど時間が経過していないところが多く、3~4年程度で営業実績をアピールしているところも少なくありません。ただ安心できる業者かどうかを判断する場合にはもう少し長く、5年以上くらいの実績は欲しいところ。中には10年以上の実績を誇っているところもあります。近年悪質な業者が逮捕・摘発される機会も増えているだけに、ますますこうした実績が業者を見極める大事なポイントとなりつつあります。

数回利用するのも自由です

クレジットカード現金のポイントはショッピング枠の範囲内なら何度でも利用できる点にあります。消費者金融などにお金の融資を受ける場合には最初に借りたお金を返済するまでは再び利用するのは原則としてできません。また総量規制や同時に借入れをするのは3社までといったルールからほかの消費者金融からお金を調達するのもなかなか難しいものがあります。しかしクレジットカード現金化ならそのようなことがなく、一度資金調達をした後に再びお金が必要になった場合でも利用することが可能です。

 

たとえばクレジットカードの現金カを行ったはいいもの、それでは十分な資金が確保できなかった場合、あるいは別の資金調達の理由ができた場合にこうした現金化のメリットが重宝します。しかも同じ業者から再び利用することができるだけでなく、他の業者に申し込んで資金調達を行うことも可能なのです。複数のカードを所有している場合にはそれぞれのショッピング枠を使用して現金化する、というやり方もできます。それによってかなりの金額を調達することができるでしょう。

 

初心者のうちは返済する前にまたサービスを利用するのは不安ですが、何度か利用して慣れてくればこうした同時に何度もサービスを利用するといった活用方法も選択肢として加わってくるでしょう。もちろん、無理なく返済できる範囲内で利用することが大前提ですが、せっかくのショッピング枠を最大限に活用するうえでもこうした活用方法も覚えておくとよいのではないでしょうか。