Skip to main content

クレジットカードの現金化は違法ではないのだろうか?

クレジットカード現金化というと、クレジットカード会社にバレるとカード利用停止のリスクがあるとか、違法行為だから禁止されているなど、いろいろ怖い話を耳にする事があります。

 

実際に、クレジットカード現金化という行為を利用規約の中で禁止しているクレジットカード会社が多いため、堂々と胸を張って行える行為ではないことは確かでしょう。

 

しかし、それが法律に触れる違法行為に当たるかといえば、必ずしも法律で禁止されているわけではないため、グレーゾーンではあっても違法行為に当たるわけではない、と考えることができます。

 

もちろん、クレジットカードはショッピングや飲食の際の決済方法の一つとして持つことが主な目的ですから、現金化を目的としているものではありません。

 

しかし、どうしても今すぐに現金が必要ということがあるかもしれません。

 

クレジットカード払いを受け付けていない病院などに行くこともあるかもしれません。

 

そんな時には、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する現金化の方法を知っていることは、大きな安心感につながるのではないでしょうか。

 

積極的に行いたい行為ではなくても、万が一の時に現金を手にする方法として知っていることは、決して損なことではないでしょう。

クレジットカード現金化業者はどうしてバレにくいのか

基本的に、自分でクレジットカード現金化をするよりも業者を通したほうが、クレジットカード会社には現金化をしているとバレにくい特徴があります。それは現金化の際に使用する商品が異なるからということもありますが、業者自体がカード会社にとって目を付けられないようになっているためです。それはなぜかというと、その業者とカード決済をする会社が異なるためです。

現金化業者が、あきらかに現金化目的とわかる商品の決済をしていれば、それはすぐにクレジットカード会社にチェックされてしまいます。しかし、それとは別にある程度のリスクがあっても専門的に行う会社が行うことで、クレジットカード現金化業者はカード会社の目をあざむけます。

それだと決済代行会社は大きなリスクを抱えることになりますが、クレジットカード決済を代行することによって得られる手数料が目的です。また最初からその目的のために作った会社であれば、営業停止になってもすぐに別な会社を立ち上げやすい特徴もあります。このような仕組みがあるため、クレジットカード現金化業者自体は決済をせず、独自のノウハウで得た目を付けられない商品で現金化を商売にできています。

クレジットカード会社にとって面倒な問題ですが、実際に現金化で助かっている人も多くいるわけです。

電子マネーをクレジットカード現金化に転用できるか

Suicaやnanaco、Edyやwaonなど、電子マネーによる決済が生活のあらゆる分野に浸透してきています。今では公共料金などの支払いを、ほぼすべて電子マネーで済ませている、という人も少なくありません。では電子マネーをクレジットカード現金化に活用することはできるのでしょうか。「オートチャージ機能」を活用すれば、基本的には可能です。

大抵の電子マネーには、現金チャージの他に、クレジットカードを利用した「オートチャージ機能」が搭載されています。ですから、クレジットカードでチャージした電子マネーを使って商品を購入し、それをキャンセルすれば実質的には「クレジットカード現金化」をしていることになります。またチャージの段階でポイントも貯まるので、一石二鳥と言えるでしょう。ただ最近では、「電子マネーで購入したものをキャンセルする場合は、電子マネーで返金する」というシステムを採用しているケースもあるので、事前に返金のルールを確認しておくと安心でしょう。

唯一のデメリットは「電子マネーはチャージできる金額が少ない」という点です。チャージの上限は3万円前後に設定されているケースが多いので、「一度にまとまった金額を現金化したい」という人にはあまり向いていない手法と言えるでしょう。

クレジットカード現金化業者の逮捕事例

クレジットカード現金化のシステムそのものは、キャッシュバック方式を取っている限り、違法性には問われないでしょう。しかし過去の事例を見てみると、クレジットカード現金化業者の逮捕はありました。ただしこれはクレジットカード現金化そのものというよりも、逮捕された業者の営業内容に問題がありました。

クレジットカード現金化のシステムは、利用者のクレジットカードのショッピング枠で買い物をしてもらいます。そしてその商品を買取することで成立します。ところが逮捕された業者は、クレジットカードを受け取って、自分たちで手続きをしていたのが問題でした。そして2回目以降サービス利用する場合には、商品の送付なども行われなくなりました。決済をしてしまって、手数料で利益を上げるシステムだったのです。確かにこれなら手間がかからないですし、効率的ですが法律との兼ね合いで問題が出てきました。貸金業を免許なしで行っていると判断されてしまったのです。

この場合、あくまでもクレジットカード現金化そのものではなく、業者のやり方に問題がありました。しかもこの場合、業者は逮捕されていますが、このクレジットカード現金化を利用している人に捜査のメスが入ることはなかったです。心配には及ばないと感じるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化を利用する時に審査はあるのか

クレジットカード現金化を利用する場合、免許証や健康保険証などの個人確認書類を提出する必要があります。とはいえクレジットカードや消費者金融の申し込みとは異なり、収入などの審査が行われた結果サービスが受けられない、ということはほとんど生じません。この違いがクレジットカード現金化の利用者増加につながっていると思います。

消費者金融の申し込みをする際にはこれまでの借り入れと返済に関する履歴の確認と審査が行われ、問題があると判断された場合には貸し付けを受けることができません。またクレジットカードのキャッシング枠を利用する場合にも、これまでの返済に不備があったとみなされるケースでは利用枠の上限まで借りることができなくなります。

一方クレジットカード現金化における手続きでは、個人確認書類の用途は氏名と生年月日およびクレジットカードの名義と一致しているかの確認に限られており、現在の収入状況やこれまでの返済履歴などに関する審査が実施されることはありません。あくまでショッピング枠の利用なので、申し込み時点で無職であってもこのサービスを利用することは可能なのです。ただし注意していないと簡単に借金の額が膨らむという危険もはらんでいることを覚えておきましょう。

自分でできる現金化

クレジットカード現金化を行うには、業者を通す方法と自分で行う方法があります。ここでは、自分で現金化する方法について見ていきましょう。ただし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に触れる可能性が高い行為です。事前にルールの確認をするよう心がけてください。

 

さて、自分でクレジットカードの現金化を行う場合の手順ですが、まずはカードを使ってショッピングをします。次に買った商品を買い取ってもらいます。現金化の手順はこれだけです。買い取ってもらう金額をできるだけ高くするためには、人気のブランド品や家電、金券などが望ましいでしょう。購入した商品は、ブランド買い取り業者やチケット・金券ショップ、ネットオークションなどで換金することが可能です。また、最近では電子マネーを利用した現金化など、さまざまな方法が見られます。

 

クレジットカードの現金化を自分で行うメリットは、業者を通すよりも手元に入る現金が多くなるという点です。商品を買って換金するだけですから、とても簡単な方法だと思うかもしれません。しかし、カード会社はクレジットカード現金化にとても神経をとがらせています。怪しい買い物があった場合はすぐにチェックが入りますので、現金化する場合はルールを確認しながら自己責任で行いましょう。

リボ払いだとカード現金化でも金利がかかる

クレジットカードを利用して買い物をしたり、キャッシングでお金を借り入れしたりと言った場合に、リボルビング払い…いわゆるリボ払いを利用した経験のある方もいらっしゃるかと思います。
リボ払いは利用した金額を返済する際に、毎月の返済が無理のない程度に、一定額に分割して支払うという返済方法です。
自分自身が返済にかんして無理なく行えるように、毎月の返済額を指定できるというメリットがあります。

カード現金化は新しいお金の借り入れ方として人気を集めています。
そのメリットに金利がかからないというものがありますが、これはあくまでも一括払い、または2回までの分割払いに限定されます。
カード現金化であっても、リボ払いだとどうしても金利がかかってしまうのです。

リボ払いは返済期間が長ければ長くなるほど、元金部分の返済が少しずつになってしまい、多くの金利を支払わなければならなくなります。
それゆえに、カード現金化を利用する場合にリボ払いで返済を検討されているのであれば、その点も加味するようにしましょう。

リピーターが教えるココでわかるポイント

通常クレジットカード現金化サービスを利用する場合、ネット上から申し込んだ後に業者から電話で連絡がきます。この段階で必要事項や利用するかどうかの最終的な判断が行われるわけですが、一方ではこの時点で業者の良し悪しを判断することもできます。初めて利用する場合には「こんなものなんだ」といった感想しか抱かない電話確認ですが、何度もサービスを利用していくことで業者によってさまざまな対応があることがわかってくるのです。

 

最大のポイントとなるのが具体的なサービスの確認です。実際に送金されるまでどれぐらいの時間がかかるのか、換金率はどの程度になるのか。何度も利用している方でもこの時点でしっかりとした説明を受けなかったばかりに、いざサービスを利用する段になって「話が違う」となるケースがよく見られます。とくに換金率には注意しましょう。はじめて利用した時には思っていたよりも低い換金率でも丸め込まれるような形で応じてしまうケースが見られますが、初心者の域を脱してからは納得がいくまで説明を求め、それでもダメならキッパリと断るような交渉術を身につけたいところです。こうした交渉にしっかりと応じるかどうかも業者を判断する上での分かれ目です。

 

また不必要な個人情報を訊ねてくることもあります。前に利用した業者よりも細かく、あるいは執拗に個人情報の提供を求めてきた時にはやはりその理由と根拠をしっかりと聞くようにしましょう。この段階で曖昧な説明に終始するようになったら要注意です。こうした電話交渉のコツを踏まえることでより上級者として現金化のサービスを利用できるようになるはずです。

カード現金化してみたいと思うんだけど、なんせ初めてだから不安で…

「カード現金化してみたいと思うんだけど、なんせ初めてだから不安で…」という方もいらっしゃることでしょう。
何事も初めてというのは何かと不安が付きまといます。
それがあなたにとって大切なお金のことであれば、その不安はなおさら増幅されることでしょう。

カード現金化を行っているショップは数多くありますが、中には悪徳業者がいることは確かです。
お金が関わると、必ずといって良いほど、悪徳業者が付きまとってきます。

その中でも安心してカード現金化を行うためには、インターネットの口コミサイトを利用してみるのも良いでしょう。
さらには、ランキングサイトというカード現金化を行うに当たって、実際にユーザーの声を聞きつつ、人気のあるカード現金化ショップをランキング形式で並べたサイトがあるのです。

どんなことでもそうですが、何かとランキングで寿煮をつけてもらっていると安心感があるものです。
例えば、1位になっているカード現金化ショップであれば、今まで不安が付きまとっていたにもかかわらず、「他の方が便利だといっているし、しかもランキングサイトで1位だったら、絶対に信用できるだろう」と感じることでしょう。
1位になっているということは、他のユーザーからの信頼も厚いということを意味しているのです。

大切なお金のことですし、カード現金化とはいっても、手に入ったお金は必ず返済しなくてはなりません。
その点を考えると、カード現金化によって購入した商品をどの程度の割合でキャッシュバックしてくれるのかの現金還元率も非常に重要ですが、必ず規定を守ってくれる優良のショップを選ぶことも、それ以前に重要であるといえるでしょう。

そのためにも実施兄利用したことのある方々の口コミは、あなたにとって非常に有用な情報となるはずです。
こういった情報を参考にすることで、カード現金化に対して抱いていた不安も吹き飛ぶでしょうし、それこそが安心して利用できるための大きなステップとなるのです。

プランの選択も大事なポイント

クレジットカード現金化においては業者選びとともに業者が用意しているプランの選択も大事なポイントとなってきます。現金化サービスを行っている業者の多くは複数のプランを用意しており、その中から自分に合っていると思えるものを選んでいくことになるのです。

 

もっとも多く見られるのは換金率が高いプランと送金までの時間が短いプランです。基本的な内容に関してはどの業者でも共通しており、送金までの時間がややかかるプランでは換金率が高く、スピーディーに送金してくれる場合には換金率がやや低くなります。できるだけ多くの現金をお得に調達したいか、それともできるだけ早くお金を確保したいかで選択が異なってくるわけです。

 

注意したいのはこのプランごとの内容の違いと、業者が宣伝のために掲げているセールスポイントとの間にギャップが生じていないかどうかです。たとえば「即日現金化が可能!換金率は95パーセント以上!」といった宣伝を掲げている業者の場合、用意されているプランのよいところだけをピックアップしたうえでこうした内容にしていることがほとんどです。つまり即日現金化を目指すなら高い換金率は期待できず、換金率の高さを重視するなら即日の現金化ができないといった具合です。

 

この点を踏まえずにサービス内容の中途半端な理解で申し込んでしまうと「話が違うじゃないか」といったことになりますし、問い合わせをしても「説明をよくごらんになりませんでしたね」と切り返されて終わってしまいます。プランごとのメリット、デメリットを把握し、実際に送金までのスピードと換金率をよく把握したうえで最終的に判断するよう心がけましょう。