Skip to main content

現金化では商品は重要でない?

クレジットカード現金化をすれば、その後商品が送られてきます。
クレジットカード現金化の口コミなどをみれば、その商品には価値などないようなものが送られてくる、といったことが書かれています。
これは、現金化の方法がどれなのかによって多少なりとも違いがあるということもありますが、たしかに何十万円という価値のあるものではないでしょう。

クレジットカード現金化の方法が、商品を受け取った時点で完結するという方法であれば、その中身さえ確認しないという方もいらっしゃるかもしれません。
すぐに返送しなければならない現金化の方法であっても、あまり商品の中身を見ることもないのかもしれません。
この部分に業者が無駄なコストをかけるよりも、少しでも多く換金して欲しいというのが利用者側の本音といえるかもしれません。

どのような方法でも商品についてはあまり重要視されないのかといえば、そんなことはありません。
例えば自力で現金化をする方式をとったとします。
これは、クレジットカードを使って金券などを購入し、それを換金するという方法です。
これなら、金券や商品券という換金性の高い商品を自分で選ぶ必要があります。
何でもよいから購入すればよいというわけではありません。
業者によっては、ブランド品のみ買い取ることで現金化するところもありますので、こういった場合なら商品もかなり重要な要素を占めてくるということになります。

ただし、金券などをクレジットカードで大量に購入すると、クレジットカード会社が不審に思うこともあるかもしれません。
一度ぐらいなら、クレジットカード会社も流してくれるかもしれませんが、何度も近県などを大量に購入しているということになるとカードの利用停止となってしまう恐れもあります。
その点、業者を利用すれば通常のショッピングと同じですから、その心配もなくなるということになります。
自分で現金化するよりも、実は業者を利用したほうが安全というのはここに理由があるのです。

リピーターはサービス面を重視して業者を選ぶ?!

安心して利用できる業者を利用するのがクレジットカード現金化の鉄則ですが、2度目、3度目とサービスを利用するようになると換金率の高さとどれだけ早く現金化してくれるかといったサービス面を重視して業者を選ぶようになります。そうなると初心者の頃よりもかえって悪質な業者に引っかかりやすくなる面が出てくるので注意が必要です。

 

一方で、安心して申し込める業者ばかりを選んでいたのでは、いつまで経ってもお得な換金率で現金化することができませんし、選択肢が狭いままなのでクレジットカードの現金化のメリットを最大限に活用することが難しくなります。何度もサービスを利用すれば、複数の業者を同時に利用するといった高度な活用方法も選択肢に入ってくるだけに、手軽に信頼できる業者を見極めるコツみたいなものも覚えておきたいところです。

 

その際のポイントとなるのが業者の営業実績です。簡単に言えば長く経営を続けている老舗の業者の方が安心して利用できるということになります。一般的に、この手の業者は創業してまだそれほど時間が経過していないところが多く、3~4年程度で営業実績をアピールしているところも少なくありません。ただ安心できる業者かどうかを判断する場合にはもう少し長く、5年以上くらいの実績は欲しいところ。中には10年以上の実績を誇っているところもあります。近年悪質な業者が逮捕・摘発される機会も増えているだけに、ますますこうした実績が業者を見極める大事なポイントとなりつつあります。

数回利用するのも自由です

クレジットカード現金のポイントはショッピング枠の範囲内なら何度でも利用できる点にあります。消費者金融などにお金の融資を受ける場合には最初に借りたお金を返済するまでは再び利用するのは原則としてできません。また総量規制や同時に借入れをするのは3社までといったルールからほかの消費者金融からお金を調達するのもなかなか難しいものがあります。しかしクレジットカード現金化ならそのようなことがなく、一度資金調達をした後に再びお金が必要になった場合でも利用することが可能です。

 

たとえばクレジットカードの現金カを行ったはいいもの、それでは十分な資金が確保できなかった場合、あるいは別の資金調達の理由ができた場合にこうした現金化のメリットが重宝します。しかも同じ業者から再び利用することができるだけでなく、他の業者に申し込んで資金調達を行うことも可能なのです。複数のカードを所有している場合にはそれぞれのショッピング枠を使用して現金化する、というやり方もできます。それによってかなりの金額を調達することができるでしょう。

 

初心者のうちは返済する前にまたサービスを利用するのは不安ですが、何度か利用して慣れてくればこうした同時に何度もサービスを利用するといった活用方法も選択肢として加わってくるでしょう。もちろん、無理なく返済できる範囲内で利用することが大前提ですが、せっかくのショッピング枠を最大限に活用するうえでもこうした活用方法も覚えておくとよいのではないでしょうか。