Skip to main content

電子マネーをクレジットカード現金化に転用できるか

Suicaやnanaco、Edyやwaonなど、電子マネーによる決済が生活のあらゆる分野に浸透してきています。今では公共料金などの支払いを、ほぼすべて電子マネーで済ませている、という人も少なくありません。では電子マネーをクレジットカード現金化に活用することはできるのでしょうか。「オートチャージ機能」を活用すれば、基本的には可能です。

大抵の電子マネーには、現金チャージの他に、クレジットカードを利用した「オートチャージ機能」が搭載されています。ですから、クレジットカードでチャージした電子マネーを使って商品を購入し、それをキャンセルすれば実質的には「クレジットカード現金化」をしていることになります。またチャージの段階でポイントも貯まるので、一石二鳥と言えるでしょう。ただ最近では、「電子マネーで購入したものをキャンセルする場合は、電子マネーで返金する」というシステムを採用しているケースもあるので、事前に返金のルールを確認しておくと安心でしょう。

唯一のデメリットは「電子マネーはチャージできる金額が少ない」という点です。チャージの上限は3万円前後に設定されているケースが多いので、「一度にまとまった金額を現金化したい」という人にはあまり向いていない手法と言えるでしょう。