Skip to main content

クレジットカード現金化がなくなっていかないのはなぜ?

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化に関して、クレジットカード会社は常に神経をとがらせており、この手続きをほう助した会社に関しては訴訟を起こされる可能性もあります。

 

とはいえ、そこまで深刻な事態が発生することがほとんどないのは一体なぜでしょうか。

 

それは「決済代行会社によるサポートがあるから」です。

 

クレジットカード現金化業者が直接カード会社に請求をかけようとすると、事業内容などが精査されてすぐに手続きが止められていまいます。

 

そうした事態を避けるため、多くの現金化業者は「決済代行会社」を利用しています。

 

決済代行会社とは、クレジットカード会社と直接取引がない業者をサポートするために設けられているシステムで、手数料を受け取る代わりに業者に代わって依頼された金額をクレジットカード会社に請求するという手続きを行ないます。

 

その際、基本的に「何の料金なのか」という点は精査されません。

 

ですから、クレジットカード現金化業者の実態が明らかになることはほとんどない、というわけです。

 

とはいえ、カード会社によっては決済代行業者の登録に際して非常に厳しい審査を課すケースも出てきている、ということを覚えておきましょう。