Skip to main content

リボ払いだとカード現金化でも金利がかかる

クレジットカードを利用して買い物をしたり、キャッシングでお金を借り入れしたりと言った場合に、リボルビング払い…いわゆるリボ払いを利用した経験のある方もいらっしゃるかと思います。
リボ払いは利用した金額を返済する際に、毎月の返済が無理のない程度に、一定額に分割して支払うという返済方法です。
自分自身が返済にかんして無理なく行えるように、毎月の返済額を指定できるというメリットがあります。

カード現金化は新しいお金の借り入れ方として人気を集めています。
そのメリットに金利がかからないというものがありますが、これはあくまでも一括払い、または2回までの分割払いに限定されます。
カード現金化であっても、リボ払いだとどうしても金利がかかってしまうのです。

リボ払いは返済期間が長ければ長くなるほど、元金部分の返済が少しずつになってしまい、多くの金利を支払わなければならなくなります。
それゆえに、カード現金化を利用する場合にリボ払いで返済を検討されているのであれば、その点も加味するようにしましょう。

コメントを残す