Skip to main content

クレジットカード現金化の還元率を見極めよ!

換金率見極める
クレジットカード現金化では業者選びが非常に重要ですが、その際の比較基準・判断材料としてもっとも重要な点になっているのが還元率です。

ショッピング枠を利用して現金を手に入れるクレジットカード現金化。

どの業者を利用するにしてもショッピング枠の限度額をそのまま現金にできるわけではありません。

当然と言えば当然ですが、業者の利益になる分が差し引かれた形で現金化されるわけです。

還元率とは、ショッピング枠で決済した金額のうちどれぐらいが現金化されるかを示す数字です。

ですから、できるだけ高いに越したことはないわけです。

厄介なのはショッピング枠で10万円使って9万円を現金化できた場合、当然10万円分の支払いが生じることです。

還元率が低ければ低いほど損をしてしまう、場合によっては貸金法をはるかに上回る利率で返済しなければならないケースも出てくるわけです。

例えば還元率が80パーセントの場合、8万円現金を入手して10万円を返済する形になります。

そうなると実質の利率は25パーセント、非常に高い利率になるわけです。

資金調達の方法がほかにない切羽詰まった状況とはいえ、できれば負担が大きくなる形での利用は避けたいと思うのは当然でしょう。

そのため、クレジットカード現金化を手掛けている業者の多くは高い換金率をアピールしています。

中には95パーセントを超える還元率をセールスポイントに掲げているところもあり、負担が少なくお得に利用できる印象もあります。

ただここで注意したいのは、こうした高い数字はあくまで最高の還元率であることです。

利用しているクレジットカードの種類や利用額によって実際の換金率は変わってくるため、最高の還元率が採用されるとは限りません。

はっきり言ってしまえば、よほどのことがない限りその業者が掲げている最高の還元率が適用されることはないといってもよいでしょう。

さらに、業者によっては還元率とは別に手数料が発生することもあります。

振込手数料をはじめ、さまざまな理由で手数料を設定してどんどん徴収していく業者も少なくありません。

そうなると手数料が発生する還元率95パーセントの業者よりも、それらをすべて含めた換金率80パーセントの業者の方が実際に手元に入ってくる現金の額が多くなるケースも出てくるのです。

還元率に関してはあまり表面的な数字だけに惑わされず、実際にどの程度になるのかを事前にできるだけ把握したうえで判断するようにしましょう。

申し込んだ後になって「え、こんなに差し引かれちゃうの?話が違う!」と後悔するようなことがないようにしたいものです。

クレジットカード現金化による規約違反のデメリット

クレジットカード現金化は便利な方法である一方でデメリットもあることをよく理解しておくべきです。

金利が高いこと、悪徳業者が多いことなどはその一例ですが、実はもっとも大きなデメリットはクレジットカードが利用停止になることがあるということです。

というのはクレジットカードの現金化は、カードを契約した時に提示された規約違反だからです。

クレジットカード会社はクレジットカードを現金化する行為を規約で禁じています。

なぜ利用規約で禁止されているのだろう

規約違反のデメリット
その理由は簡単で、現金化ではクレジットカード会社がリスクを負わなければならないからです。

例えばある利用者が現金化のために商品を購入し、その商品を現金化業者に売却したとします。

すると現金化業者は利益が出て、利用者は現金を手にします。

しかし商品の代金の請求はクレジットカード会社に行くことになります。

しかも利用者のクレジットカード会社に対する支払い義務は残っているため、もし利用者のお金が無くなり支払えなくなってしまった場合に損をするのはクレジットカード会社ということになります。

したがってクレジットカード会社にとって、現金化はまったくメリットがなくリスクを背負わされるだけの行為なのです。

こうした理由から、クレジットカードの現金化が規約違反になるということはしっかり周知されています。

もしも違反が発覚した場合は?

もし規約違反がばれれば、ペナルティが課されるというデメリットもあります。

規約違反の悪質さによってペナルティも変わりますが、一般的には残金の一括請求やカードの利用停止・強制退会といったものです。

カードが使えなくなるということはもちろん大きなデメリットですが、残金の一括請求もかなり厳しいペナルティとなります。

というのは、クレジットカードの現金化を利用している多くの人が、商品代金を分割払いやリボ払いにしているからです。

毎月少しずつ返していけるのであれば現金化も利用できると思っていた人が、急に残金を一括請求されてしまったら支払いができないということになってしまいます。

もし残金の支払いができなければ、次回クレジットカードが作りにくくなってしまったり、最悪の場合自己破産になってしまうかもしれません。

規約違反はこうした多くのデメリットをはらんだものなのです。確かにばれるリスクの少ない現金化の方法もあります。

しかし現金化による規約違反のリスクを考えると、現金化を利用する際にはかなり慎重に検討することが必要になるでしょう。

新幹線の回数券でクレジットカード現金化を行う際の注意点

カードで購入できるうえに、金券ショップでの買い取り率が95パーセントを超えることもある新幹線の回数券。

そのためクレジットカード現金化の魅力的な選択肢としてよく挙げられます。

多くの金券はカードでの購入ができなくなっているだけに、自分でクレジットカード現金化ができる選択肢としてもっともお得な方法でしょう。

ただし、安易に新幹線の回数券でクレジットカード現金化を行っていると、いきなりカード会社から利用停止などのペナルティを課せられてしまうこともあります。

そのためカード会社から「クレジットカード現金化をやっているんじゃないか?」と疑問をもたれないよう慎重に利用していく必要があるのです。

ポイントとしては毎回同じ区間ばかりを購入しないこと、一度に大量に購入しないことです。

カード会社は利用履歴をチェックしていますから、不自然なほど同じ区間の回数券を繰り返し購入していると疑惑をもたれてしまいます。

また、自分が利用するとは思えないエリアの回数券を購入するのも要注意です。

換金率の高さでは東京~大阪や東京~京都がもっともよいのですが、沖縄や青森など頻繁に利用するとは思えないエリアに住んでいる人がこうした区間の回数券を購入していると怪しまれてしまいます。

このようにカード会社に疑惑をもたれない範囲内でうまくやりくりしていく工夫が求められるのです。

クレジットカード現金化がなくなっていかないのはなぜ?

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化に関して、クレジットカード会社は常に神経をとがらせており、この手続きをほう助した会社に関しては訴訟を起こされる可能性もあります。

 

とはいえ、そこまで深刻な事態が発生することがほとんどないのは一体なぜでしょうか。

 

それは「決済代行会社によるサポートがあるから」です。

 

クレジットカード現金化業者が直接カード会社に請求をかけようとすると、事業内容などが精査されてすぐに手続きが止められていまいます。

 

そうした事態を避けるため、多くの現金化業者は「決済代行会社」を利用しています。

 

決済代行会社とは、クレジットカード会社と直接取引がない業者をサポートするために設けられているシステムで、手数料を受け取る代わりに業者に代わって依頼された金額をクレジットカード会社に請求するという手続きを行ないます。

 

その際、基本的に「何の料金なのか」という点は精査されません。

 

ですから、クレジットカード現金化業者の実態が明らかになることはほとんどない、というわけです。

 

とはいえ、カード会社によっては決済代行業者の登録に際して非常に厳しい審査を課すケースも出てきている、ということを覚えておきましょう。

クレジットカード現金化業者から入金されたお金はどこに返すのか

クレジットカード現金化業者から入金されたお金は、何かを売ってその対価として得たお金ではありません。自分のクレジットカードのショッピング枠を利用して、商品の代わりに現金を手元に置くという方法ですので、簡単に言えば借金になります。借金は必ず返さなければなりません。

では、クレジットカード現金化業者に振り込んでもらったお金は、どこに返済すればよいのでしょうか。その業者に返済するものと思っている人もいるようですが、これはよくある間違いです。クレジットカードの利用分の支払いということになるので、返済は翌月のクレジットカード利用分として口座から自動引き落としとなるでしょう。要は、クレジットカード現金化業者から受け取ったお金であれ、クレジットカード会社に返さなければならないということです。

クレジットカード現金化は、ふつうにクレジットカードで買い物した時と同じように、利用分を返済します。つまり、その返済方法も通常のカード利用と同じくいろいろな方法が選べるというわけです。分割払いやリボ払いもできます。翌月に全額返済しなければならないわけではないので、しばらく懐が苦しいという時に役立つでしょう。ただし、分割払いには手数料がかかるので、一括返済が支払う金額が最も小さい方法であることも覚えておきましょう。

クレジットカードの現金化は違法ではないのだろうか?

クレジットカード現金化というと、クレジットカード会社にバレるとカード利用停止のリスクがあるとか、違法行為だから禁止されているなど、いろいろ怖い話を耳にする事があります。

 

実際に、クレジットカード現金化という行為を利用規約の中で禁止しているクレジットカード会社が多いため、堂々と胸を張って行える行為ではないことは確かでしょう。

 

しかし、それが法律に触れる違法行為に当たるかといえば、必ずしも法律で禁止されているわけではないため、グレーゾーンではあっても違法行為に当たるわけではない、と考えることができます。

 

もちろん、クレジットカードはショッピングや飲食の際の決済方法の一つとして持つことが主な目的ですから、現金化を目的としているものではありません。

 

しかし、どうしても今すぐに現金が必要ということがあるかもしれません。

 

クレジットカード払いを受け付けていない病院などに行くこともあるかもしれません。

 

そんな時には、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する現金化の方法を知っていることは、大きな安心感につながるのではないでしょうか。

 

積極的に行いたい行為ではなくても、万が一の時に現金を手にする方法として知っていることは、決して損なことではないでしょう。

クレジットカード現金化業者はどうしてバレにくいのか

基本的に、自分でクレジットカード現金化をするよりも業者を通したほうが、クレジットカード会社には現金化をしているとバレにくい特徴があります。それは現金化の際に使用する商品が異なるからということもありますが、業者自体がカード会社にとって目を付けられないようになっているためです。それはなぜかというと、その業者とカード決済をする会社が異なるためです。

現金化業者が、あきらかに現金化目的とわかる商品の決済をしていれば、それはすぐにクレジットカード会社にチェックされてしまいます。しかし、それとは別にある程度のリスクがあっても専門的に行う会社が行うことで、クレジットカード現金化業者はカード会社の目をあざむけます。

それだと決済代行会社は大きなリスクを抱えることになりますが、クレジットカード決済を代行することによって得られる手数料が目的です。また最初からその目的のために作った会社であれば、営業停止になってもすぐに別な会社を立ち上げやすい特徴もあります。このような仕組みがあるため、クレジットカード現金化業者自体は決済をせず、独自のノウハウで得た目を付けられない商品で現金化を商売にできています。

クレジットカード会社にとって面倒な問題ですが、実際に現金化で助かっている人も多くいるわけです。

電子マネーをクレジットカード現金化に転用できるか

Suicaやnanaco、Edyやwaonなど、電子マネーによる決済が生活のあらゆる分野に浸透してきています。今では公共料金などの支払いを、ほぼすべて電子マネーで済ませている、という人も少なくありません。では電子マネーをクレジットカード現金化に活用することはできるのでしょうか。「オートチャージ機能」を活用すれば、基本的には可能です。

大抵の電子マネーには、現金チャージの他に、クレジットカードを利用した「オートチャージ機能」が搭載されています。ですから、クレジットカードでチャージした電子マネーを使って商品を購入し、それをキャンセルすれば実質的には「クレジットカード現金化」をしていることになります。またチャージの段階でポイントも貯まるので、一石二鳥と言えるでしょう。ただ最近では、「電子マネーで購入したものをキャンセルする場合は、電子マネーで返金する」というシステムを採用しているケースもあるので、事前に返金のルールを確認しておくと安心でしょう。

唯一のデメリットは「電子マネーはチャージできる金額が少ない」という点です。チャージの上限は3万円前後に設定されているケースが多いので、「一度にまとまった金額を現金化したい」という人にはあまり向いていない手法と言えるでしょう。

クレジットカード現金化業者の逮捕事例

クレジットカード現金化のシステムそのものは、キャッシュバック方式を取っている限り、違法性には問われないでしょう。しかし過去の事例を見てみると、クレジットカード現金化業者の逮捕はありました。ただしこれはクレジットカード現金化そのものというよりも、逮捕された業者の営業内容に問題がありました。

クレジットカード現金化のシステムは、利用者のクレジットカードのショッピング枠で買い物をしてもらいます。そしてその商品を買取することで成立します。ところが逮捕された業者は、クレジットカードを受け取って、自分たちで手続きをしていたのが問題でした。そして2回目以降サービス利用する場合には、商品の送付なども行われなくなりました。決済をしてしまって、手数料で利益を上げるシステムだったのです。確かにこれなら手間がかからないですし、効率的ですが法律との兼ね合いで問題が出てきました。貸金業を免許なしで行っていると判断されてしまったのです。

この場合、あくまでもクレジットカード現金化そのものではなく、業者のやり方に問題がありました。しかもこの場合、業者は逮捕されていますが、このクレジットカード現金化を利用している人に捜査のメスが入ることはなかったです。心配には及ばないと感じるのではないでしょうか。

冠婚葬祭が重なったら、クレジットカード現金化で乗り切ろう

結婚式シーズンに、友だちや同僚の結婚式が重なる場合があります。いくら家計が苦しくても、人生の節目となる結婚式のご祝儀は、「今、お金がないので待ってください」というわけにいきません。結婚式が重なったうえに、突然知り合いが亡くなって葬儀に出席しなければならなくなると、家計は大ピンチです。しかしこのような状況で借金を作るのは、抵抗があるものです。このようなときにクレジットカード現金化サービスを利用すると、借金をせずにすみます。

冠婚葬祭のご祝儀やお香典をクレジットカード支払いすることはできませんが、そのためのお金をクレジットカードで調達することは可能です。カードの現金化には、さまざまなメリットがあります。第一はいつでもどこでも、インターネットから申し込めることです。そして、すぐにお金が振り込まれることです。早い業者なら、10分程度でお金を振り込んでくれます。銀行の営業時間が終わってから申し込むと、振り込みが翌日になることがありますが、ネット銀行なら24時間振り込み対応をしている業者が大半です。

結婚式が目白押しで家計が厳しいときや、急にお世話になった人が亡くなってお通夜やお葬式に出席しなければいけないときでも、その日のうちにお金が手に入るので、ご祝儀やお香典が用意できます。カードの現金化は、冠婚葬祭の急な出費にとても便利です。