Skip to main content

クレジットカード現金化の還元率を見極めよ!

換金率見極める
クレジットカード現金化では業者選びが非常に重要ですが、その際の比較基準・判断材料としてもっとも重要な点になっているのが還元率です。

ショッピング枠を利用して現金を手に入れるクレジットカード現金化。

どの業者を利用するにしてもショッピング枠の限度額をそのまま現金にできるわけではありません。

当然と言えば当然ですが、業者の利益になる分が差し引かれた形で現金化されるわけです。

還元率とは、ショッピング枠で決済した金額のうちどれぐらいが現金化されるかを示す数字です。

ですから、できるだけ高いに越したことはないわけです。

厄介なのはショッピング枠で10万円使って9万円を現金化できた場合、当然10万円分の支払いが生じることです。

還元率が低ければ低いほど損をしてしまう、場合によっては貸金法をはるかに上回る利率で返済しなければならないケースも出てくるわけです。

例えば還元率が80パーセントの場合、8万円現金を入手して10万円を返済する形になります。

そうなると実質の利率は25パーセント、非常に高い利率になるわけです。

資金調達の方法がほかにない切羽詰まった状況とはいえ、できれば負担が大きくなる形での利用は避けたいと思うのは当然でしょう。

そのため、クレジットカード現金化を手掛けている業者の多くは高い換金率をアピールしています。

中には95パーセントを超える還元率をセールスポイントに掲げているところもあり、負担が少なくお得に利用できる印象もあります。

ただここで注意したいのは、こうした高い数字はあくまで最高の還元率であることです。

利用しているクレジットカードの種類や利用額によって実際の換金率は変わってくるため、最高の還元率が採用されるとは限りません。

はっきり言ってしまえば、よほどのことがない限りその業者が掲げている最高の還元率が適用されることはないといってもよいでしょう。

さらに、業者によっては還元率とは別に手数料が発生することもあります。

振込手数料をはじめ、さまざまな理由で手数料を設定してどんどん徴収していく業者も少なくありません。

そうなると手数料が発生する還元率95パーセントの業者よりも、それらをすべて含めた換金率80パーセントの業者の方が実際に手元に入ってくる現金の額が多くなるケースも出てくるのです。

還元率に関してはあまり表面的な数字だけに惑わされず、実際にどの程度になるのかを事前にできるだけ把握したうえで判断するようにしましょう。

申し込んだ後になって「え、こんなに差し引かれちゃうの?話が違う!」と後悔するようなことがないようにしたいものです。

クレジットカード現金化による規約違反のデメリット

クレジットカード現金化は便利な方法である一方でデメリットもあることをよく理解しておくべきです。

金利が高いこと、悪徳業者が多いことなどはその一例ですが、実はもっとも大きなデメリットはクレジットカードが利用停止になることがあるということです。

というのはクレジットカードの現金化は、カードを契約した時に提示された規約違反だからです。

クレジットカード会社はクレジットカードを現金化する行為を規約で禁じています。

なぜ利用規約で禁止されているのだろう

規約違反のデメリット
その理由は簡単で、現金化ではクレジットカード会社がリスクを負わなければならないからです。

例えばある利用者が現金化のために商品を購入し、その商品を現金化業者に売却したとします。

すると現金化業者は利益が出て、利用者は現金を手にします。

しかし商品の代金の請求はクレジットカード会社に行くことになります。

しかも利用者のクレジットカード会社に対する支払い義務は残っているため、もし利用者のお金が無くなり支払えなくなってしまった場合に損をするのはクレジットカード会社ということになります。

したがってクレジットカード会社にとって、現金化はまったくメリットがなくリスクを背負わされるだけの行為なのです。

こうした理由から、クレジットカードの現金化が規約違反になるということはしっかり周知されています。

もしも違反が発覚した場合は?

もし規約違反がばれれば、ペナルティが課されるというデメリットもあります。

規約違反の悪質さによってペナルティも変わりますが、一般的には残金の一括請求やカードの利用停止・強制退会といったものです。

カードが使えなくなるということはもちろん大きなデメリットですが、残金の一括請求もかなり厳しいペナルティとなります。

というのは、クレジットカードの現金化を利用している多くの人が、商品代金を分割払いやリボ払いにしているからです。

毎月少しずつ返していけるのであれば現金化も利用できると思っていた人が、急に残金を一括請求されてしまったら支払いができないということになってしまいます。

もし残金の支払いができなければ、次回クレジットカードが作りにくくなってしまったり、最悪の場合自己破産になってしまうかもしれません。

規約違反はこうした多くのデメリットをはらんだものなのです。確かにばれるリスクの少ない現金化の方法もあります。

しかし現金化による規約違反のリスクを考えると、現金化を利用する際にはかなり慎重に検討することが必要になるでしょう。

クレジットカード現金化がなくなっていかないのはなぜ?

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化に関して、クレジットカード会社は常に神経をとがらせており、この手続きをほう助した会社に関しては訴訟を起こされる可能性もあります。

 

とはいえ、そこまで深刻な事態が発生することがほとんどないのは一体なぜでしょうか。

 

それは「決済代行会社によるサポートがあるから」です。

 

クレジットカード現金化業者が直接カード会社に請求をかけようとすると、事業内容などが精査されてすぐに手続きが止められていまいます。

 

そうした事態を避けるため、多くの現金化業者は「決済代行会社」を利用しています。

 

決済代行会社とは、クレジットカード会社と直接取引がない業者をサポートするために設けられているシステムで、手数料を受け取る代わりに業者に代わって依頼された金額をクレジットカード会社に請求するという手続きを行ないます。

 

その際、基本的に「何の料金なのか」という点は精査されません。

 

ですから、クレジットカード現金化業者の実態が明らかになることはほとんどない、というわけです。

 

とはいえ、カード会社によっては決済代行業者の登録に際して非常に厳しい審査を課すケースも出てきている、ということを覚えておきましょう。

冠婚葬祭が重なったら、クレジットカード現金化で乗り切ろう

結婚式シーズンに、友だちや同僚の結婚式が重なる場合があります。いくら家計が苦しくても、人生の節目となる結婚式のご祝儀は、「今、お金がないので待ってください」というわけにいきません。結婚式が重なったうえに、突然知り合いが亡くなって葬儀に出席しなければならなくなると、家計は大ピンチです。しかしこのような状況で借金を作るのは、抵抗があるものです。このようなときにクレジットカード現金化サービスを利用すると、借金をせずにすみます。

冠婚葬祭のご祝儀やお香典をクレジットカード支払いすることはできませんが、そのためのお金をクレジットカードで調達することは可能です。カードの現金化には、さまざまなメリットがあります。第一はいつでもどこでも、インターネットから申し込めることです。そして、すぐにお金が振り込まれることです。早い業者なら、10分程度でお金を振り込んでくれます。銀行の営業時間が終わってから申し込むと、振り込みが翌日になることがありますが、ネット銀行なら24時間振り込み対応をしている業者が大半です。

結婚式が目白押しで家計が厳しいときや、急にお世話になった人が亡くなってお通夜やお葬式に出席しなければいけないときでも、その日のうちにお金が手に入るので、ご祝儀やお香典が用意できます。カードの現金化は、冠婚葬祭の急な出費にとても便利です。

あまりに高い還元率には要注意!

現金がどうしても必要な事態において、キャッシングなどの消費者金融を利用して融資を受けたくない場合には、クレジットカード現金化が便利です。
クレジットカード現金化を利用される方にとって、少しでも利息を抑えたいという方がほとんどでしょう。

そのときに注目するポイントが、還元率です。
キャッシングの場合にも、その金利が業者選びのポイントになるかと思われますが、それと同様にクレジットカード現金化においては還元率が重要なのです。

還元率は、クレジットカード会社と換金業者の手数料(利益)を差し引いたものです。
この両者が利益を生むためにも、ある程度の手数料を徴収する必要があるため、90%を超える還元率を提示している業者の場合には、それだけ換金業者側の利益が少なくなるということです。
そのような薄利状態で運営されること自体が怪しく感じられますよね。

要するに、還元率が90%を超えるような、あまりにも高い還元率を提示している換金業者の場合には、悪徳業者の可能性も大きくなってくるというわけです。
クレジットカード現金化を利用される場合には、もちろん還元率の高い換金業者を選ばれる方がお得ではありますが、ありえない高還元率を提示している業者には気をつけてくださいね。

クレジットカード現金化優良店の理由

クレジットカード現金化において、高価査定といえば、クレカ堂!ということを耳にされたことはあるでしょうか。

クレカ堂はなんと市場の価格から、最大95%でクレジットカード現金化をするというのです。
クレカ堂のユニークな点は、クレジットカードを使って購入する商品が、市場の需要に合わせて、常に更新するという点にあります。
それにより査定金額もこのなるのですが、実際の例をつかって、クレジットカード現金化でどれぐらい現金を受け取ることができるのかみていきましょう。

まずはネットオークションでDVDレコーダー約30万円の買い物を行ったとします。
その場合は、換金率115%となります。
え?とお思いかもしれませんが、ネットオークションにより市場価格よりもかなり安い値段で商品を買い物されますと、換金率が100%以上となることもあるのです。
これは他のクレジットカード現金化サービス業者であまり聞かないのではないでしょうか。
また、ネットオークションに限らず、家電比較サイトにある最安点で購入した場合や、その日限りのセールなでお安く買い物されたデジタル一眼レフカメラを焼く40万円での購入時にも、換金率が100%以上、106%となる例もあるのです。

家電といいますと、やはり大手家電量販店が購入先をしてはメジャーとなるかもしれませんが、約45万円のデジタル一眼レフカメラで換金率95%、約15万円のデジタルカメラでで93%となるのです。

商品を購入したら次はその商品を現金化するために、その商品を実際にクレカ堂に持ち込むか、郵送によって送ることになります。
そこで問題となるのが、送料ですよね。
自宅がクレカ堂の遠方にあったり、忙しくてとても出向くことができなかったりする場合も十分に考えられます。
そんなときクレカ堂は、なんと商品送料は無料で行ってくれるのです。
クレカ堂が負担してくれるのそれだけではありません。
代引手数料、そして、送金の手数料をいったクレジットカード現金化にかかるすべての手数料を一部ではないですよ、全額負担してくれるのです。

自分でできる現金化

クレジットカード現金化を行うには、業者を通す方法と自分で行う方法があります。ここでは、自分で現金化する方法について見ていきましょう。ただし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に触れる可能性が高い行為です。事前にルールの確認をするよう心がけてください。

 

さて、自分でクレジットカードの現金化を行う場合の手順ですが、まずはカードを使ってショッピングをします。次に買った商品を買い取ってもらいます。現金化の手順はこれだけです。買い取ってもらう金額をできるだけ高くするためには、人気のブランド品や家電、金券などが望ましいでしょう。購入した商品は、ブランド買い取り業者やチケット・金券ショップ、ネットオークションなどで換金することが可能です。また、最近では電子マネーを利用した現金化など、さまざまな方法が見られます。

 

クレジットカードの現金化を自分で行うメリットは、業者を通すよりも手元に入る現金が多くなるという点です。商品を買って換金するだけですから、とても簡単な方法だと思うかもしれません。しかし、カード会社はクレジットカード現金化にとても神経をとがらせています。怪しい買い物があった場合はすぐにチェックが入りますので、現金化する場合はルールを確認しながら自己責任で行いましょう。

カード現金化してみたいと思うんだけど、なんせ初めてだから不安で…

「カード現金化してみたいと思うんだけど、なんせ初めてだから不安で…」という方もいらっしゃることでしょう。
何事も初めてというのは何かと不安が付きまといます。
それがあなたにとって大切なお金のことであれば、その不安はなおさら増幅されることでしょう。

カード現金化を行っているショップは数多くありますが、中には悪徳業者がいることは確かです。
お金が関わると、必ずといって良いほど、悪徳業者が付きまとってきます。

その中でも安心してカード現金化を行うためには、インターネットの口コミサイトを利用してみるのも良いでしょう。
さらには、ランキングサイトというカード現金化を行うに当たって、実際にユーザーの声を聞きつつ、人気のあるカード現金化ショップをランキング形式で並べたサイトがあるのです。

どんなことでもそうですが、何かとランキングで寿煮をつけてもらっていると安心感があるものです。
例えば、1位になっているカード現金化ショップであれば、今まで不安が付きまとっていたにもかかわらず、「他の方が便利だといっているし、しかもランキングサイトで1位だったら、絶対に信用できるだろう」と感じることでしょう。
1位になっているということは、他のユーザーからの信頼も厚いということを意味しているのです。

大切なお金のことですし、カード現金化とはいっても、手に入ったお金は必ず返済しなくてはなりません。
その点を考えると、カード現金化によって購入した商品をどの程度の割合でキャッシュバックしてくれるのかの現金還元率も非常に重要ですが、必ず規定を守ってくれる優良のショップを選ぶことも、それ以前に重要であるといえるでしょう。

そのためにも実施兄利用したことのある方々の口コミは、あなたにとって非常に有用な情報となるはずです。
こういった情報を参考にすることで、カード現金化に対して抱いていた不安も吹き飛ぶでしょうし、それこそが安心して利用できるための大きなステップとなるのです。

数回利用するのも自由です

クレジットカード現金のポイントはショッピング枠の範囲内なら何度でも利用できる点にあります。消費者金融などにお金の融資を受ける場合には最初に借りたお金を返済するまでは再び利用するのは原則としてできません。また総量規制や同時に借入れをするのは3社までといったルールからほかの消費者金融からお金を調達するのもなかなか難しいものがあります。しかしクレジットカード現金化ならそのようなことがなく、一度資金調達をした後に再びお金が必要になった場合でも利用することが可能です。

 

たとえばクレジットカードの現金カを行ったはいいもの、それでは十分な資金が確保できなかった場合、あるいは別の資金調達の理由ができた場合にこうした現金化のメリットが重宝します。しかも同じ業者から再び利用することができるだけでなく、他の業者に申し込んで資金調達を行うことも可能なのです。複数のカードを所有している場合にはそれぞれのショッピング枠を使用して現金化する、というやり方もできます。それによってかなりの金額を調達することができるでしょう。

 

初心者のうちは返済する前にまたサービスを利用するのは不安ですが、何度か利用して慣れてくればこうした同時に何度もサービスを利用するといった活用方法も選択肢として加わってくるでしょう。もちろん、無理なく返済できる範囲内で利用することが大前提ですが、せっかくのショッピング枠を最大限に活用するうえでもこうした活用方法も覚えておくとよいのではないでしょうか。