Skip to main content

クレジットカード現金化を利用する時に審査はあるのか

クレジットカード現金化を利用する場合、免許証や健康保険証などの個人確認書類を提出する必要があります。とはいえクレジットカードや消費者金融の申し込みとは異なり、収入などの審査が行われた結果サービスが受けられない、ということはほとんど生じません。この違いがクレジットカード現金化の利用者増加につながっていると思います。

消費者金融の申し込みをする際にはこれまでの借り入れと返済に関する履歴の確認と審査が行われ、問題があると判断された場合には貸し付けを受けることができません。またクレジットカードのキャッシング枠を利用する場合にも、これまでの返済に不備があったとみなされるケースでは利用枠の上限まで借りることができなくなります。

一方クレジットカード現金化における手続きでは、個人確認書類の用途は氏名と生年月日およびクレジットカードの名義と一致しているかの確認に限られており、現在の収入状況やこれまでの返済履歴などに関する審査が実施されることはありません。あくまでショッピング枠の利用なので、申し込み時点で無職であってもこのサービスを利用することは可能なのです。ただし注意していないと簡単に借金の額が膨らむという危険もはらんでいることを覚えておきましょう。

あまりに高い還元率には要注意!

現金がどうしても必要な事態において、キャッシングなどの消費者金融を利用して融資を受けたくない場合には、クレジットカード現金化が便利です。
クレジットカード現金化を利用される方にとって、少しでも利息を抑えたいという方がほとんどでしょう。

そのときに注目するポイントが、還元率です。
キャッシングの場合にも、その金利が業者選びのポイントになるかと思われますが、それと同様にクレジットカード現金化においては還元率が重要なのです。

還元率は、クレジットカード会社と換金業者の手数料(利益)を差し引いたものです。
この両者が利益を生むためにも、ある程度の手数料を徴収する必要があるため、90%を超える還元率を提示している業者の場合には、それだけ換金業者側の利益が少なくなるということです。
そのような薄利状態で運営されること自体が怪しく感じられますよね。

要するに、還元率が90%を超えるような、あまりにも高い還元率を提示している換金業者の場合には、悪徳業者の可能性も大きくなってくるというわけです。
クレジットカード現金化を利用される場合には、もちろん還元率の高い換金業者を選ばれる方がお得ではありますが、ありえない高還元率を提示している業者には気をつけてくださいね。

クレジットカード現金化優良店の理由

クレジットカード現金化において、高価査定といえば、クレカ堂!ということを耳にされたことはあるでしょうか。

クレカ堂はなんと市場の価格から、最大95%でクレジットカード現金化をするというのです。
クレカ堂のユニークな点は、クレジットカードを使って購入する商品が、市場の需要に合わせて、常に更新するという点にあります。
それにより査定金額もこのなるのですが、実際の例をつかって、クレジットカード現金化でどれぐらい現金を受け取ることができるのかみていきましょう。

まずはネットオークションでDVDレコーダー約30万円の買い物を行ったとします。
その場合は、換金率115%となります。
え?とお思いかもしれませんが、ネットオークションにより市場価格よりもかなり安い値段で商品を買い物されますと、換金率が100%以上となることもあるのです。
これは他のクレジットカード現金化サービス業者であまり聞かないのではないでしょうか。
また、ネットオークションに限らず、家電比較サイトにある最安点で購入した場合や、その日限りのセールなでお安く買い物されたデジタル一眼レフカメラを焼く40万円での購入時にも、換金率が100%以上、106%となる例もあるのです。

家電といいますと、やはり大手家電量販店が購入先をしてはメジャーとなるかもしれませんが、約45万円のデジタル一眼レフカメラで換金率95%、約15万円のデジタルカメラでで93%となるのです。

商品を購入したら次はその商品を現金化するために、その商品を実際にクレカ堂に持ち込むか、郵送によって送ることになります。
そこで問題となるのが、送料ですよね。
自宅がクレカ堂の遠方にあったり、忙しくてとても出向くことができなかったりする場合も十分に考えられます。
そんなときクレカ堂は、なんと商品送料は無料で行ってくれるのです。
クレカ堂が負担してくれるのそれだけではありません。
代引手数料、そして、送金の手数料をいったクレジットカード現金化にかかるすべての手数料を一部ではないですよ、全額負担してくれるのです。

自分でできる現金化

クレジットカード現金化を行うには、業者を通す方法と自分で行う方法があります。ここでは、自分で現金化する方法について見ていきましょう。ただし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に触れる可能性が高い行為です。事前にルールの確認をするよう心がけてください。

 

さて、自分でクレジットカードの現金化を行う場合の手順ですが、まずはカードを使ってショッピングをします。次に買った商品を買い取ってもらいます。現金化の手順はこれだけです。買い取ってもらう金額をできるだけ高くするためには、人気のブランド品や家電、金券などが望ましいでしょう。購入した商品は、ブランド買い取り業者やチケット・金券ショップ、ネットオークションなどで換金することが可能です。また、最近では電子マネーを利用した現金化など、さまざまな方法が見られます。

 

クレジットカードの現金化を自分で行うメリットは、業者を通すよりも手元に入る現金が多くなるという点です。商品を買って換金するだけですから、とても簡単な方法だと思うかもしれません。しかし、カード会社はクレジットカード現金化にとても神経をとがらせています。怪しい買い物があった場合はすぐにチェックが入りますので、現金化する場合はルールを確認しながら自己責任で行いましょう。

リボ払いだとカード現金化でも金利がかかる

クレジットカードを利用して買い物をしたり、キャッシングでお金を借り入れしたりと言った場合に、リボルビング払い…いわゆるリボ払いを利用した経験のある方もいらっしゃるかと思います。
リボ払いは利用した金額を返済する際に、毎月の返済が無理のない程度に、一定額に分割して支払うという返済方法です。
自分自身が返済にかんして無理なく行えるように、毎月の返済額を指定できるというメリットがあります。

カード現金化は新しいお金の借り入れ方として人気を集めています。
そのメリットに金利がかからないというものがありますが、これはあくまでも一括払い、または2回までの分割払いに限定されます。
カード現金化であっても、リボ払いだとどうしても金利がかかってしまうのです。

リボ払いは返済期間が長ければ長くなるほど、元金部分の返済が少しずつになってしまい、多くの金利を支払わなければならなくなります。
それゆえに、カード現金化を利用する場合にリボ払いで返済を検討されているのであれば、その点も加味するようにしましょう。

リピーターが教えるココでわかるポイント

通常クレジットカード現金化サービスを利用する場合、ネット上から申し込んだ後に業者から電話で連絡がきます。この段階で必要事項や利用するかどうかの最終的な判断が行われるわけですが、一方ではこの時点で業者の良し悪しを判断することもできます。初めて利用する場合には「こんなものなんだ」といった感想しか抱かない電話確認ですが、何度もサービスを利用していくことで業者によってさまざまな対応があることがわかってくるのです。

 

最大のポイントとなるのが具体的なサービスの確認です。実際に送金されるまでどれぐらいの時間がかかるのか、換金率はどの程度になるのか。何度も利用している方でもこの時点でしっかりとした説明を受けなかったばかりに、いざサービスを利用する段になって「話が違う」となるケースがよく見られます。とくに換金率には注意しましょう。はじめて利用した時には思っていたよりも低い換金率でも丸め込まれるような形で応じてしまうケースが見られますが、初心者の域を脱してからは納得がいくまで説明を求め、それでもダメならキッパリと断るような交渉術を身につけたいところです。こうした交渉にしっかりと応じるかどうかも業者を判断する上での分かれ目です。

 

また不必要な個人情報を訊ねてくることもあります。前に利用した業者よりも細かく、あるいは執拗に個人情報の提供を求めてきた時にはやはりその理由と根拠をしっかりと聞くようにしましょう。この段階で曖昧な説明に終始するようになったら要注意です。こうした電話交渉のコツを踏まえることでより上級者として現金化のサービスを利用できるようになるはずです。

カード現金化してみたいと思うんだけど、なんせ初めてだから不安で…

「カード現金化してみたいと思うんだけど、なんせ初めてだから不安で…」という方もいらっしゃることでしょう。
何事も初めてというのは何かと不安が付きまといます。
それがあなたにとって大切なお金のことであれば、その不安はなおさら増幅されることでしょう。

カード現金化を行っているショップは数多くありますが、中には悪徳業者がいることは確かです。
お金が関わると、必ずといって良いほど、悪徳業者が付きまとってきます。

その中でも安心してカード現金化を行うためには、インターネットの口コミサイトを利用してみるのも良いでしょう。
さらには、ランキングサイトというカード現金化を行うに当たって、実際にユーザーの声を聞きつつ、人気のあるカード現金化ショップをランキング形式で並べたサイトがあるのです。

どんなことでもそうですが、何かとランキングで寿煮をつけてもらっていると安心感があるものです。
例えば、1位になっているカード現金化ショップであれば、今まで不安が付きまとっていたにもかかわらず、「他の方が便利だといっているし、しかもランキングサイトで1位だったら、絶対に信用できるだろう」と感じることでしょう。
1位になっているということは、他のユーザーからの信頼も厚いということを意味しているのです。

大切なお金のことですし、カード現金化とはいっても、手に入ったお金は必ず返済しなくてはなりません。
その点を考えると、カード現金化によって購入した商品をどの程度の割合でキャッシュバックしてくれるのかの現金還元率も非常に重要ですが、必ず規定を守ってくれる優良のショップを選ぶことも、それ以前に重要であるといえるでしょう。

そのためにも実施兄利用したことのある方々の口コミは、あなたにとって非常に有用な情報となるはずです。
こういった情報を参考にすることで、カード現金化に対して抱いていた不安も吹き飛ぶでしょうし、それこそが安心して利用できるための大きなステップとなるのです。

プランの選択も大事なポイント

クレジットカード現金化においては業者選びとともに業者が用意しているプランの選択も大事なポイントとなってきます。現金化サービスを行っている業者の多くは複数のプランを用意しており、その中から自分に合っていると思えるものを選んでいくことになるのです。

 

もっとも多く見られるのは換金率が高いプランと送金までの時間が短いプランです。基本的な内容に関してはどの業者でも共通しており、送金までの時間がややかかるプランでは換金率が高く、スピーディーに送金してくれる場合には換金率がやや低くなります。できるだけ多くの現金をお得に調達したいか、それともできるだけ早くお金を確保したいかで選択が異なってくるわけです。

 

注意したいのはこのプランごとの内容の違いと、業者が宣伝のために掲げているセールスポイントとの間にギャップが生じていないかどうかです。たとえば「即日現金化が可能!換金率は95パーセント以上!」といった宣伝を掲げている業者の場合、用意されているプランのよいところだけをピックアップしたうえでこうした内容にしていることがほとんどです。つまり即日現金化を目指すなら高い換金率は期待できず、換金率の高さを重視するなら即日の現金化ができないといった具合です。

 

この点を踏まえずにサービス内容の中途半端な理解で申し込んでしまうと「話が違うじゃないか」といったことになりますし、問い合わせをしても「説明をよくごらんになりませんでしたね」と切り返されて終わってしまいます。プランごとのメリット、デメリットを把握し、実際に送金までのスピードと換金率をよく把握したうえで最終的に判断するよう心がけましょう。

初心者よりもリピーターが騙される理由

安心して利用することができるか、それともすぐに現金化してくれることができるか。クレジットカード現金化サービスを利用する際にはこの点が重要なポイントとなります。そして初心者であればあるほど安全性を重視する一方、サービスの利用を繰り返せば繰り返すほどスピードや利便性を重視する傾向が強まります。そのため皮肉なことにサービスのように慣れている人ほど悪質な業者に引っかかってしまうリスクが高くなるのです。

 

ですから、現金化を利用する際には必ずスピードをとるか、換金率や安全性をとるかの優先順位をしっかりと決めておきましょう。サービスを利用していけばいくほど欲が出てきて「換金率が高くてすぐに送金してくれる業者がいい」と思うようになります。その結果安全性を軽視して悪質な業者に引っかかってしまうことが多いのです。

 

ここで注意したいのはクレジットカードの情報を必要以上に業者に提供しないことです。業者の中には「早く現金化する上で必要だから」とクレジットカードの番号や有効期限などを訊いてくるケースも見られます。早く現金化したい、資金調達に焦っているといった事情を抱えているとついついそうした言葉に乗せられて本来教える必要がない情報までも提供してしまうことが多いのです。その結果身に覚えのない不正請求や後日になって勧誘などの面倒な事態に晒されてしまう恐れがあります。初心者を脱したと自覚できた段階になったからこそ、こうした点に十分に注意しましょう。

名実ともに全国対応が完成しているサービス

なぜ全国対応が可能なのか?
現金化サービス業者のホームページを見ているとある共通点に気づきます。それは業者の所在地が東京に集中していることです。試しにネットで現金化業者を検索してみて、それぞれの会社情報を見てみてください。おそらくほとんどが東京のしかも23区内に集中しているはずです。

だからといってやはり東京にいないと現金化サービスを受けるのも難しいのかと早合点してはいけません。

なぜなら現金化サービスは原則として全国対応のサービスだからです。

全国対応ということは、日本全国どこにいても全く同じ品質のサービスを受けることができるというわけですが、まさにその通りなのです。実は東京在住の人であっても、現金化の際に業者の事務所に行くことは実に稀で、ネット上の手続きだけで全てが完了するようになっています。

インターネットという通信手段が確立したことで、東京に集中している現金化サービスを日本全国どこでも受けることができるというわけです。

いくら全国対応といっても、ネット上で完結するサービスなのであればインターネットの利用環境がなければ無理なのでは?という疑問を持つ方も多いでしょう。

確かにインターネット環境があるほうが全ての手続きを早く済ませることができるので良いのですが、実は現金化サービスはネットがなくても利用可能です。

ネット環境がなければ電話でも完結できるので、さすがに電話もないというところは日本全国を探してもないので、これでようやく名実ともに全国対応という言葉が現実になり、クレジットカードを使ってできる現金化の方法まとめ~5つのやり方と注意点~で利用できるようになります。

ネット上でカード情報を入力するのではなく、電話口でカード情報を現金化業者に伝えることができれば、それだけで現金化はすぐにできます。振込みについてもゆうちょ銀行に対応しているので、ゆうちょ銀行であれば離島や過疎地であっても必ずあるので、すぐに現金を受け取ることができるのです。

最近では全国対応であることが当たり前になっているので、いちいち全国対応と書いていない現金化業者もありますが、原則として現金化はどこも全国対応と考えて問題ありません。

クレジットカード現金化は利用規約違反?利用しても大丈夫?

クレジットカード現金化のサービスで、よく問題になるのが法律に違反する行為ではないかということです。

結論から言うと、違法ではないです。

しかし合法かといわれると、これも断言できません。

グレーゾーンというのが実情です。

なぜこうなってしまうのか、それは法律の線引きがあいまいだからです。

例えばクレジットカードで新幹線の回数券を購入したとします。新幹線に実際に乗る予定だったけれども急用でキャンセルになったので、金券ショップで売却した人がいるでしょう。

一方で最初から現金化目的で購入して、すぐに金券ショップで売った人もいます。

目的は大きく違いますが、見た目で見れば両者に差はないです。

カードで回数券を購入して、金券ショップに売却しているからです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で購入したかどうか、第三者が明解に判断できません。

やっていること自体は中古品買取業者と一緒です。このためクレジットカード現金化は違法にはならないというのが現状です。

しかし、カード会社の利用規約違反に問われる可能性は大いにあります。

多くのカード会社で現金化を目的とした商品の購入でショッピング枠を利用しないことと利用規約に記載されています。

クレジットカード現金化は、この項目に明確に違反します。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、現金が必要であればキャッシング枠を利用すればいいはずです。

それを利用せずショッピング枠を現金化するのは、キャッシング枠を使い切ってしまった、もしくはキャッシングの審査を通過できなかった人の可能性大です。

このような人は返済能力に難ありといえます。

ですから、ショッピング枠の現金化という使い方をカード会社は認めていないのです。

もしクレジットカード現金化サービスを利用したことがカード会社に発覚すれば、利用規約違反ということでペナルティの対象になりかねません。

クレジットカードの利用停止や強制解約という可能性も出てきます。

クレジットカード現金化の利用が発覚した場合、まずカード会社から利用規約違反ということで利用料金の一括返済が求められるでしょう。

分割払いやリボ払いで支払いをしている場合も関係ありません。その時点で利用している金額を全額返済しなければなりません。

もし返済できないようであれば、そのクレジットカードは強制解約されるでしょう。

強制解約を実行されると信用情報にも記載されるので、今後ローンを組んだり、カードを作ったりするときに不利になるかもしれません。

参考:クレジットカード現金化にご注意を|松谷司法書士事務所