Skip to main content

クレジットカード現金化による規約違反のデメリット

クレジットカード現金化は便利な方法である一方でデメリットもあることをよく理解しておくべきです。

金利が高いこと、悪徳業者が多いことなどはその一例ですが、実はもっとも大きなデメリットはクレジットカードが利用停止になることがあるということです。

というのはクレジットカードの現金化は、カードを契約した時に提示された規約違反だからです。

クレジットカード会社はクレジットカードを現金化する行為を規約で禁じています。

なぜ利用規約で禁止されているのだろう

規約違反のデメリット
その理由は簡単で、現金化ではクレジットカード会社がリスクを負わなければならないからです。

例えばある利用者が現金化のために商品を購入し、その商品を現金化業者に売却したとします。

すると現金化業者は利益が出て、利用者は現金を手にします。

しかし商品の代金の請求はクレジットカード会社に行くことになります。

しかも利用者のクレジットカード会社に対する支払い義務は残っているため、もし利用者のお金が無くなり支払えなくなってしまった場合に損をするのはクレジットカード会社ということになります。

したがってクレジットカード会社にとって、現金化はまったくメリットがなくリスクを背負わされるだけの行為なのです。

こうした理由から、クレジットカードの現金化が規約違反になるということはしっかり周知されています。

もしも違反が発覚した場合は?

もし規約違反がばれれば、ペナルティが課されるというデメリットもあります。

規約違反の悪質さによってペナルティも変わりますが、一般的には残金の一括請求やカードの利用停止・強制退会といったものです。

カードが使えなくなるということはもちろん大きなデメリットですが、残金の一括請求もかなり厳しいペナルティとなります。

というのは、クレジットカードの現金化を利用している多くの人が、商品代金を分割払いやリボ払いにしているからです。

毎月少しずつ返していけるのであれば現金化も利用できると思っていた人が、急に残金を一括請求されてしまったら支払いができないということになってしまいます。

もし残金の支払いができなければ、次回クレジットカードが作りにくくなってしまったり、最悪の場合自己破産になってしまうかもしれません。

規約違反はこうした多くのデメリットをはらんだものなのです。確かにばれるリスクの少ない現金化の方法もあります。

しかし現金化による規約違反のリスクを考えると、現金化を利用する際にはかなり慎重に検討することが必要になるでしょう。